天候不良時の開催について
おいらん道中の歴史

おいらん道中紹介

第75回 分水おいらん道中


開 催 日 平成29年4月16日(日)
開催時間
正午から   地蔵堂本町通り
【諏訪神社前〜願王閣

午後2時から 大河津分水桜並木
【信濃川大河津資料館前〜大河津橋詰手前】

※雨天時…(1)午後0時30分〜 (2)午後2時〜
       (3)午後3時30分〜 
       【燕市分水総合体育館】にて体育館内を3回に分けて行列が歩きます。

つばめ桜まつり情報

つばめ桜まつり

  

 夜桜ライトアップ
期間中は大河津分水桜並木、JR分水駅、中ノ口川堤防を
ライトアップします。

開 催 平成29年4月8日(土)〜16日(日)
時 間 決定次第お知らせいたします


※桜の開花状況により、開催期間・時間は変更になることがあります。ご了承ください。

大河津分水とおいらん道中

 日本一長い川「信濃川」は、ひとたび豪雨ともなれば洪水となり、越後平野一帯は大水害に見舞われました。
  この川の洪水に苦しんだ先人達は、享保年間(西暦1716年〜)に大河津分水の掘削を幕府に請願、その後200年もの間繰り返し、ついに分水工事が認められ、明治42年に本格的な工事が始まることとなりました。工事は22年の歳月と延べ1千万人の人力により、約10kmの大河津分水路が完成、可動堰と洗堰を操作することにより、本流には一定の水量を確保し、洪水時には下流域を守り、日本海へ流し出すことができるようになりました。
  この大治水事業によって洪水の被害もなくなり、胸まで浸かる湿田を豊な穀倉地帯に変えることができました。大河津分水はまさに越後平野の守り神となったのです。
  現在は、完成後80年が経過した旧洗堰に代わり、平成12年に通水が始まった新洗堰が大役を担っています。

 そして、春、桜前線の到来とともに大河津分水を舞台に全国でも珍しい「分水おいらん道中」が繰り広げられます。
  県内外から例年約100名の応募者の中から選ばれた「信濃」「桜」「分水」の3名の「おいらん役」が絢爛豪華な衣裳に身を包み、高さ15cmもの三枚歯黒塗りの高下駄を履き、独特の外八文字の歩き方を披露。
  また、道中には「手古舞」「新造」「かむろ」「舞妓」など総勢約60名にもおよぶ付き人を従えて、主役の「おいらん役」をより艶やかに引き立てます。
   3名のおいらん役が、皆様に極上の時間をお届けいたします。






つばめ桜まつり 分水おいらん道中のお問い合わせ先
【一般社団法人燕市観光協会】 
〒959-1263 新潟県燕市大曲4336番地(燕市老人集会センター内)
電話:0256-64-7630/FAX:0256-64-7638 
E-mail:oiran-docyu@tsubame-kankou.jp
燕市商工振興課観光振興室 〒959-0295 新潟県燕市吉田西太田1934番地
電話:0256-92-1111(代)/FAX:0256-77-8306 
E-mail:kanko@city.tsubame.niigata.jp
らんらんおいらん おいらん道中PR隊
燕市役所
トップページおいらん道中紹介おすすめイベントお土産の紹介参加者募集よくある質問集交通規制について
 Copyright(C) Tsubame City All Rights Reserved.